遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

#ガーデニング

ブリーベリーが豊作です

実家に5年ほど前に植えたブルーベリー、今年は豊作です。 木の高さは1mにも満たない小さなものが2本で、実家にはだれも住んでいませんのでほぼ放置状態です。今年は7月に雨が多かったせいか、例年の2倍くらいの実がなりました。 上の画像は1回分の収穫量で…

夏野菜を植え付けました

上の画像は、菜園生活を始めたころにアップした、夏野菜の収穫写真です。 今日は、ホームセンターの連休混雑を避けて、入荷したばかり(であろう)夏野菜の苗を買いに走り、菜園に定植しました。 買って植えた苗は、中玉トマト3本、ミニトマト2本、きゅうり2…

葉牡丹の寄せ植え/迎春準備

迎春用の寄せ植えが完成しました。 大阪北部大地震で大きな鉢が割れて、我が家の玄関を飾る2代目の鉢の大きさがよく把握できていないまま適当に草花を買ってきました。 一旦、完成してネットで葉ボタンの寄せ植え画像をググってみたら、どの方のどれもこれも…

ことし初のミニトマト収穫

プランターで栽培中のミニトマト。今年の初収穫です。 プランターは、かなり大きな丸型(内径38㎝、高さ30㎝)で、そこに朝顔などに使う支柱(三本柱+輪が三つ)を立てて、その真ん中に苗を植えています。 収穫して常温でしばらく放置すると、ヘタがカールし…

大阪市ー中ノ島バラ園

定例の梅田でランチ会。その前に中ノ島バラ園まで足を延ばしました。 爽やかな、まさに五月晴れの空の下、バラを見ながらランチをとるOLやビジネスマン。忙しい中にも贅沢な休息をとっていて、いい感じでした。 一方、純粋なバラ見学に訪れた人たち(女性が…

今年の玉ねぎです

なんだか頭の血管がうっ血しているようで気になるのですが、きっと共謀罪のせいだと思います。あまり気にしないようにします。 画像は、収穫したばかりの我が家の玉ねぎです。紫玉ねぎも含めて100個ほどの収穫でした。 玉ねぎはサラサラ血液を造ってくれる優…

伊丹市の荒牧バラ公園へ行ってきました

兵庫県伊丹市の荒牧という場所にある「荒牧バラ公園」に行ってまいりました。 ランチ仲間が教えてくれたバラ園で、伊丹といえば大阪空港を連想させる地名ですが、荒牧バラ公園は空港から遠く離れた閑静な住宅地に存在します。 阪急宝塚線の山本駅で下車し、1…

マツバウンランとナガミヒナゲシ

散歩の途中で見かけた、今を満開と咲く見かけぬ花。日当りのいい土手で群生していた。なかなか可憐な花で、なんという名前なのか気になったので見本に一本手折って持ち帰った。 帰宅後その植物の特徴「ピンクの花 野草 春」でググってみたら、持ち帰った花と…

9月に植えたビオラが開花しました

去年の9月下旬、まだ暑さが残るころに植えたビオラの種が、春になって開花しました。 春先に株を購入すればビオラは簡単に開花するのですが、暑いころから種から育てて長くガーデニングを楽しむことにしました。種から育てるビオラは、これが初めてはなく、…

100均の塗料で植木鉢をペイントしました

2月はじめにせん定したバラの枝を水に挿しておいたら、根が出てそれが長く伸びてきたので、鉢植えにすることにしました。 小ぶりの素焼きの鉢がいくつかあるのですが、色を着けたいと思い、100円ショップで水性塗料を買ってきました。 上記画像は、作業前の…

雪の合間の紅梅かな

上の画像は、おそらく紅梅だと思われます。 ウォーキングルート途中の日の当たるのり面で、1月下旬からこのように咲いております。寒さはまだまだ厳しいのですが、光線が豊富になって来て、硬い蕾が開いたようです。 ところで、私の庭仕事は少し滞っていま…

バラ栽培の指南書2冊のご紹介

画像は、私のバラ栽培の指南書(教則本)ともいうべき2冊です。 左「バラを美しく咲かせるとっておきの栽培テクニック 」 鈴木満男(著) 2007年に出されたムックですが、購入したのは2012年。Amazonのカスタマーレビューを読むとバラ栽培では定評ある1冊の…

1月のバラ

年末から一つだけ蕾がついていた我が家のバラでしたが、開花しないので切り取って一輪挿しに入れて置いたら、ご覧のように開花し始めました。 ピントが合っていないのはご愛敬ということで、シーズン最後の花となりました。 このバラは実家のものを挿し木で…

ブームの多肉植物/ハオルチア

関西で、「ハオルチア」の大量窃盗があったというニュースが流れました。 ハオルチアとは、南アフリカ原産のサボテンなどの仲間の多肉植物のひとつの種類です。窃盗事件は、滋賀県の長浜の栽培倍農家が被害に遭ったそうで、被害額は150株で50万円相当(一株30…

夏のギボウシ(ホスタ)です

わが家の北側スペースには、ご覧のようにギボウシ(ホスタ)の鉢を置いています。 日陰でも生育に問題ない植物で、(むしろ日陰の方がよく育つように思います)夏には花も咲きますが、葉の美しさを3シーズン楽しめる多年草です。 わが家には地植えのものと、…

充電式の電動草刈り機

今回ご紹介のgoodsは、2度目の登場です、高儀(たかぎ)というメーカーの「充電式の草刈り機( GREEN ART 18V充電式2WAYグラストリマー)13,000円」です。 生まれ育った田舎の実家を、一部を除いてほとんどを更地にした1年前の同時期にこの草刈機を購入しま…

スズメバチの巣を駆除しました

今朝、うちの奥さんが庭のシラカシの木を見て「あれハチの巣と違うかな?」と、熱の出るようなおぞましいセリフを口にしました。(画像は借り物です) 近寄って見ると、高さ2mほどにあるお隣に少しはみ出した小枝にぶら下がった小玉スイカくらいの大きさのハ…

エンドウ豆、採れてます

私が育てたエンドウ豆です。もう食べきれないほど採れていますが、2人分のエンドウご飯(一合)はこれくらいの量で十分なのです。新鮮なうちにと、他の豆は身内などにもらわれていっております。 冬を越せるのかと心配になるほど貧弱な豆の木でしたが、春に…

わが家の多肉植物「ミセバヤ」

いまに始まったことではないのですが、多肉植物が少しブームです。 多肉植物で、もっともおなじみなのがサボテンでしょう。乱暴に言い切ってしまえば、多肉植物はサボテンの仲間です。でも、形が面白かったり愛くるしかったり見ようによってはグロテスクだっ…

わが庭の5月のバラ

実家の草ぼうぼうの庭の草刈りをしていて、間違って切ってしまった庭植えのバラを、ダメもとで挿し木をしました。5年以上前の話です。 その挿し木からすんなりと発根し、育ててきたのですが、花はちらほら咲く程度でした。で一念発起して、2月に枝をせん定し…

今宵のダイコン

同じ時に植えたのですが、育ち方がこのように違うのです、我が家のとれたてダイコン。 こういう足の女性、私知っています。 画像のタイルが30㎝角のものですから、大根の長さは短い方で30㎝。今宵はおでんに貢献してくれました。 私の菜園では18本収穫できる…

文化の日のイモ掘り

姪の子供たちがイモ堀りを体験したいというので、文化の日に決行しました。 さまざまな形をした大きなサツマイモがたくさん採れました。でも子供たちは芋掘りよりも、冬眠中を掘り起こされたカエルの方に興味があったようでした。どちらかというと、姪夫婦の…

ヒイラギナンテンとスズメバチ

我が家の日陰となる庭に、ヒイラギナンテンとカクレミノが植わっています。つい先だって、そのヒイラギナンテンの花に大きなスズメバチが飛んできました。一過性の飛来かと思っていたら、一匹だけですが、頻繁にやって来るようになっていました。 奥さんはあ…

やわらかい自然美/野ブドウ

長野県は戸隠で、織部焼の陶芸作家をされている小山さんのツイッターに偶然遭遇しました。そのツイート文と貼られていた写真(上記画像)をご紹介。 koyama tomonori @dohousi 10月7日 野のいろ 野葡萄・・・少し控え目で 周囲のいろとともにある感じ これ見…

ハッサクのタネから発芽しました

園芸店で売られているタネは、交配してつくられた1代かぎりのもので、一般的に「F1」と呼ばれる。そのF1タネから育った野菜のタネを植えても、うまく育たないのが普通だという。というより、1代かぎりのためにつくられた野菜の子を作るのは、「神の領…

雑草と楽しむ庭づくり/曳地トシ・義治

雑草と楽しむ庭づくりーオーガニック・ガーデン・ハンドブック 曳地トシ, 曳地義治(著) 築地書館 雨空の合間に広がった青空のせいで、今日は(昨夜から)湿度が高くて不快指数は100近い。あまりの暑さに、いっそのこと汗をかいてやろうと思い、昼の12時か…

ふぞろいのジャガイモ収穫

2週間前の玉ネギに続いて、本日はジャガイモを収穫しました。 3月に3種類の種イモを植え付け。 植えた種イモの内訳は、キタアカリ12個、男爵8個、メークイン6個。 私にとっては初めてのジャガイモでした。1個の種イモからは複数の芽が出てきますが、教科書に…

話し好きな庭の管理人

昨日から、実家の、血族ではない親戚付き合いの家の主人葬儀のお手伝い。 私より一回りほど年上のご主人は、元大工さん。持病はあったものの、身体の地力はあったようなのだが、あろうことか食パンの誤嚥で急死された。要するに、食パンがのどに詰まり窒息死…

プランター育ちのイチゴです

去年の秋から庭のプランターで育てていたイチゴ。 ご覧のように赤くなり収穫できました。撮影前に一つ食べましたので10個の初物です。 小さいのですが、赤くて匂いもよくて、とても良く出来ました、と言いたいのですが、食べてみると甘くないのです。 撮影し…

花山椒とタラの芽

ふるさとの実家の畑は、ご近所のKさんに無料で貸していたのだが、Kさんの都合で私たちが作付をすることになる。 雑草を生えたままに放置してはご先祖様に申し訳ないので、少しずつ手を入れていくことにした。車で30分の距離がまず最初の障壁。コスモスやヒ…