遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

今週 書評で取り上げられた本(11/23~11/29 週刊8誌&朝日新聞)

f:id:toship-asobi:20201129155129j:plain

月に400円払って500誌が読み放題の「dマガジン」を契約中で、各誌の書評をもっぱら読んでいます。主に新刊本の紹介ですが、読みたい本に出合うと図書館にオンライン予約を入れています。

今週は「「民都」大阪対「帝都」東京 思想としての関西私鉄」「愛されなくても別に」「かか」「ブルシット・ジョブ」に興味を持ち図書館に予約しました。

ということで、今週書評に取り上げられた約90冊の本を紹介します。

  

今週の書評本(媒体→週刊8誌・朝日新聞

【表示順→タイトル・著者・出版社・価格(朝日新聞週刊新潮は税込み)】

朝日新聞:11月28日
天皇機関説事件(上・下) 宮澤俊義 有斐閣 6,930
科学技術をめぐる抗争 金森修・塚原東吾 岩波書店 5,280
暗い時代の人々 ハンナ・アーレント ちくま学芸文庫 1,540
アルルカンと道化師 池井戸潤 講談社 1,760
甘いバナナの苦い現実 石井正子 コモンズ  2,750
フィッシュ・アンド・チップスの歴史 パニコス・パナイー 創元社 2,640
鉄道制服図鑑 天夢人 旅と鉄道 1,980
フランスの小さな村を旅してみよう 木蓮 東海教育研究所 2,530
「犠牲区域」のアメリ 石山徳子 岩波書店 3,850
フーコーの風向き 重田園江 青土社 3,520
マンスキー チャールズ・マンスキー ダイヤモンド社 3,520
手の倫理 伊藤亜紗 講談社選書メチエ 1,760
見えないスポーツ図鑑 伊藤亜紗、渡邊淳司ほか 晶文社 2,200
スター 朝井リョウ 朝日新聞出版 1,760
諏訪式。 小倉美恵子 亜紀書房 1,980
ウンコはどこから来て、どこへ行くのか 湯澤規子 ちくま新書 924
愛と性と存在のはなし 赤坂真理 NHK出版新書 935
短歌ください 種村弘 角川文庫 748
詩人・菅原道真 うつしの美学 大岡信 岩波文庫 660
「民都」大阪対「帝都」東京 思想としての関西私鉄 原武史 講談社学術文庫 1,331

週刊現代:11/28号
戀童無限 木下昌樹 新潮社 1,900
えにし屋春秋 あさのあつこ 角川春樹事務所 1,600
わたしが消える 佐野広実 講談社 1,800
江戸幕府感染症対策 安藤俊一郎 集英社新書 800
寿町のひとびと 山田清機 朝日新聞出版 1,800
乱都 天野純文芸春秋 1,700
興行師列伝 愛と裏切りの近代芸能誌 笹山敬輔 新潮新書 820
バーナード・マドフ事件 アメリカ巨大金融詐欺の全容 アダム・レボー 成甲書房 1,800
昆虫学者はやめられない 裏山奇人、徘徊の記 小松貴 新潮社 1,600

週刊ポスト:12/11号
アンダークラス 相場英雄 小学館 1,700
玉電松原物語 坪内祐三 新潮社 1,700
その日なぜ信長は本能寺に泊まっていたのか 中村彰彦 中公新書ラクレ 900
そして、海の泡になる 葉真中顕 朝日新聞出版 1,600
きのうのオレンジ 藤岡陽子 集英社 1,600
「色のふしぎ」と不思議な世界 川端裕人 筑摩書房 1,900
コルトM1847羽衣 月村了衛 文春文庫 900
ノーマンズランド 誉田哲也 光文社文庫 780
男の死にざま 島田裕巳 扶桑社新書 840
2025年を制覇する破壊的企業 山本康正 SB新書 900

週刊新潮:12/3号
愛されなくても別に 武田綾乃 講談社 1,595
言語の七番目の機能 ローラン・ビネ 東京創元社 3,300
質草女房  渋谷雅一 角川春樹事務所 1,760
舞台上の青春 相田冬二 辰巳出版 1,760
追憶の東京 アンナ・シャーマン 早川書房 2,420
妻は忘れない 矢樹純 新潮文庫 940
認知バイアス 心に潜むふしぎな働き 鈴木宏ブルーバックス 1,100
地球の歩き方 2021~2022年 東京 地球の歩き方編集室 ダイヤモンドビッグ社 2,020
伊藤静雄詩集 伊藤静雄 岩波文庫 726
下町はなぜ人を惹きつけるのか? 三浦展 光文社新書 990
過激派の時代 北井一夫 平凡社 3,520
人生のレシピ 哲学の扉の向こう 神崎繁 岩波書店 2,530
佳子さまの素顔 つげのり子 河出書房新社 1,815

女性自身:11/24号
きのうのオレンジ 藤岡陽子 集英社 1,600
灯台からの響き 宮本輝 集英社 1,900
私は女になりたい 窪美澄 講談社 1,600
アンと愛情 坂本司 光文社 1,700
家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった 岸田奈美 小学館 1,300
アルバムのチカラ 藤本智士・浅田政志 赤々社 2,200
あなたのまわりの怒っている人図鑑 安藤俊介 飛鳥新社 1,364

女性セブン:12/10号
夜明けのすべて 瀬尾まいこ 水鈴社 1,500
きょうの空が一番好き、とまだ言えない僕は 福徳秀介 小学館 1,500 
「本をつくる」という仕事 稲泉連 ちくま文庫 740
ロッキード疑獄 角栄ヲ葬リ巨悪ヲ逃ス 春名幹男 KADOKAWA 2,400

週刊文春:12/3号
自転しながら公転する 山本文緒 新潮社 1,800
Auオードリー・タン 天才IT相7つの顔 アイリス・チュウ 文芸春秋 1,400
犬がいた季節 伊吹有喜 双葉社 1,600
地べたを旅立つ 掃除機探偵の推理と冒険 そえだ信 早川書房 1,700
放課後の嘘つきたち 酒井田寛太郎 ハヤカワ文庫 780
ヒロシのソロキャンプ ヒロシ 学研プラス 1,400
統計で考える働き方の未来 坂本貴志 ちくま新書 880
雨に呼ぶ声 余華 アストラハウス 2,200
デジタル化する新興国 伊藤亜聖 中公新書 820
そして、海の泡になる 葉真中顕 朝日新聞出版 1,600
羅生門・鼻 芥川龍之介 新潮文庫 370

サンデー毎日:12/6号
パパが貴族 僕ともーちゃんのヒミツの日々 山田ルイ53世 双葉社 1,400
百年前のパンデミックと皇室 小田部雄次 敬文舎 1,400
ちよぼ 加賀百万石を照らす月 諸田玲子 新潮社 1,500
家族遺棄社会 菅野久美子 角川新書 900
第九の波 チェ・ウンミ 書肆侃侃房 1,900
「線」の思考 原武史 新潮社 1,800
猫と東大。 東京大学広報室 ミネルヴァ書房 2,200
冬の蕾 ベアテ・シロタと女性の権利 樹村みのり 岩波現代文庫 1,100
学校制服とは何か その歴史と思想林哲夫 朝日新書 850

週刊朝日:12/4号
バブル  山口ミルコ 光文社 1,600
ミンネのかけら ムーミン谷へとつづく道 冨原眞弓 岩波書店 2,300
かか  宇佐見りん 河出書房新社 1,300
食べることと出すこと 頭木弘樹 医学書院 2,000
ブルシット・ジョブ クソどうでもいい仕事の理論 デヴィッド・グレーバー 岩波書店 3,700
心を病んだらいけないの?  斎藤環・與那覇潤 新潮選書 1,450

 

わくらばのような竹中平蔵がコロナ禍で沈んでいきそうです

      f:id:toship-asobi:20201128232833j:plain

 田原総一朗が耄碌し三浦瑠璃がいつも出演するので最近は見てないのだが、昨夜の「朝生」で、森ゆうこ利益相反だと袈裟切りにされた竹中平蔵の狼狽ぶりが面白くて痛快だったのか、ツイッターのトレンドになっていた。

「コロナでの医療崩壊がおかしい」と頭おかしいんじゃないかというような意見を述べた後、最近テレビでよく見かける昭和大学の仁木医師にたしなめられるように紳士的な反論を受けて、人間の小ささを露呈してしまった竹中平蔵も見ることができた。

先月の「朝生」では、「首を切れない労働者なんて雇えない」「だからいつでも首を切れる非正規労働者を増やしていった」と政府要人なのに不適切発言をを公共の電波に乗せてしまった竹中。「労働者の首を切る」という言い回しがそもそも下品だし、共産党の宮本徹に「非正規労働者をこんなにも増やしたのはあなただ」と面罵されてあたふたと馬脚を現したのだった。

このコロナ禍で、おびただしい数の非正規労働者は雇い留めになってしまい、まさに竹中の言う「首を切られた非正規労働者」を見る結果になってしまい残念だ。

しかし、その結果、竹中のパソナは赤字転落になったという。そりゃ当然の結果で、非正規労働者ピンハネで成り立っている企業なんだから、その非正規が雇い留めになれば当然に派遣元のパソナには1円も入ってこないことになる。

非正規の労働者は負けずにまた立ち上がるが、パソナは立ち上がれなくてもいい。竹中と一緒に沈没していけばいいのだ。

ということで、下のようにツイッターに展開される「日本をアメリカに売り払ってしまおうとする売国奴竹中平蔵劇場」で今日はお茶を濁してしまう私の記事。でも、竹中平蔵のことはよく知っておいた方がいいと思う今日この頃であります。

 

ツイッターでトレンドになっている「竹中平蔵劇場」】

 

異邦人 @Narodovlastiye

パソナ会長竹中平蔵氏が「朝生」で「重症者430人で医療崩壊なんておかしい」と主張し、仁木医師から「ECMOは10人のスタッフが必要。負担が全然違う」と即座に反論され、また森ゆうこ議員から利益相反行為を指摘されると「時々意見をいうだけのイチ民間議員」と見え透いた詭弁。早く政府から叩き出せ。
森ゆうこ議員から利益相反について質された竹中平蔵氏は「特別の利益をもたらしたことはない」と言っていたが、例えば竹中氏が諮問会議に属する国家戦略特区で解禁された外国人家事代行サービスに参入し、真っ先に利益を受けたのは、他でもない竹中氏が会長を務めるパソナグループ。完全に利益相反だ。

盛田隆Morita Ryuji @product1954
トレンドに「竹中平蔵」があがってメチャクチャ叩かれているが、この記事【菅義偉氏の出世は「竹中平蔵氏のおかげ」】が大変示唆に富む
――竹中は郵政民営化を進める小泉に「誰を総務副大臣にすればいいか」と問われ、菅を推薦した。それ以来、菅は竹中に対する恩義を忘れない

安田菜津紀 Dialogue for People @NatsukiYasuda
「首を切れない社員なんて雇えないですよ」とコメントした、竹中平蔵さんへ。働く人は、経済を回すための「駒」ではありません。せめて、現場の声を聴き、起きていることを知って下さい。
兄へ もう、死ぬために働くのはやめよう

sekkai @sekkai
竹中平蔵、緊縮で日本を20年の長きに渡るデフレに叩き落とし、規制緩和の名のもとに非正規雇用を増やす一方自分はパソナの派遣事業で私腹を肥やし続け、今度は自分の無知で医療現場まで引っ掻き回そうとしてるの、こんなに多くの国民から怨みをかっている人間もいまい。

【その他、ツイッターで花盛りの竹中平蔵
昔 花さか爺さんに出て来る意地悪爺さん 今 中抜き爺さんこと竹中平蔵
竹中平蔵をブレーンとしている自民党なんか消去法で一番最初に消えるでしょ
竹中平蔵がいるところだけピンポイントで時空の歪みが起きてジュラ期に飛ばされないかなー
竹中平蔵追い込まれてる。みんなで化けの皮を剥がしてやれ。ホントの黒幕は竹中。日本のゴミ

 

 

「馬鹿なの!?コロナ交付金の使い方」と田村淳に言われてまた佐賀県全国区だ!

f:id:toship-asobi:20201127234135j:plain

佐賀県

「馬鹿なの!?佐賀県コロナ交付金の使い方...。」というタイトルのロンブーの田村淳のYouTubeを偶然見たのですが、その内容を見たら、確かに「馬鹿か!?」と私も思いました。
そしたら、一夜明けて佐賀県知事が田村淳に猛攻撃をかけてきたというのです。

この佐賀の山口知事は、東大法学部から総務省に入ったエリート官僚出身。知事になるには申し分のないキャリアの持ち主のはずが、コロナ交付金を見当はずれの頓馬な使い方をしようとしていて、為政者としてのセンスや説得力や能力はまるでないことがわかったようです。

佐賀県のコロナ交付金の使いみちのうち、以下のようなものが疑問に上がっているようです。
コロナに絡んだ差別解消のための「佐賀誓いの鐘(仮称)」を県庁に設置する事業費→779万円
スポーツ大会用電光掲示板やスコアボードなどの購入費→5800万円
県立の体育館のトイレを和式から洋式に替える→6730万円
佐賀空港に「宇宙」がテーマの空間→2400万円
ANAグループから出向社員10人程度を受け入れる人件費の一部負担金→1075万円

こんなことは、県民のために県の収入から予算建てしなければならないでしょ。ほかに優先する支出がないという前提があるのなら、堂々と予算建てして優先順位を立てて事業にしていけばいいだけのことです。

コロナ交付金は、コロナの感染予防や治療に直接必用な支出のために使っていって、まだ感染者が少ない佐賀県のようですから、今後の万が一に備えてプールしておいてもいいんじゃないでしょうか。

立派なキャリアの知事さんに限って、県民の声や議会の声を聞かずに独断で行動して墓穴を掘ることになるのではないでしょうか。

ツイッターでは、田村がよく言ってくれた!という声も上がっていて、住民にはどさくさにまぎれた無駄遣いだと思っている方もおられます。

この交付金の件については、「私の勇み足でした。多方面とよく話し合って今後ご善処します、田村淳さんご指摘ありがとうございました」くらいの対応だったら男を上げたのに、ヒステリックに議会で田村純の名前を出して批判したそうだから、やはりバカでしたね。お恥ずかしい。

それにしても、田村淳のYouTubeはロンブー的なお遊びものもあれば、お上にもの申す的な批判精神に満ちたものもあって立派なことこの上ない。田村自身が山口県出身であっても、おらが国さの安倍晋三の批判もきちんとできていてアバンギャルドな芸人魂が美しい。
ということで、TBSの「グッとラック」と田村淳のおかげで佐賀県が全国区になって、島田陽七とはなわで全国区になって以来、久々の脚光を浴びていて愉快だというお話でありました。

www.asahi.com


馬鹿なの!?佐賀県コロナ交付金の使い方...。

 


佐賀県知事へ…論点すり替えるな!


 

「日本と東京」「日本と大阪」は頓馬なトップによる二重行政

f:id:toship-asobi:20201126222129j:plain

 

上のグラフは、11月24日現在の大阪府のコロナ重症患者数の推移です。

最初の高い山が4月、次に高くなったのが8月、そして11月になって過去最高値を更新し続けています。

なんでも、人工呼吸器を装着している日本のコロナ重症患者の3分の1が、大阪らしいです。

春先に「大阪モデル」と言われて鼻高々だった吉村知事は、イソジン効果発言でまずこけて、大阪市廃止住民投票で負けて、そして今コロナ対策の失敗でこけています。もうずっとこけたままで結構。

コロナ治療のための医療用の施術着が不足しているからと使い物にならない「雨ガッパ」を集めて倉庫に山積みにした松井一郎という大阪市長もいましたが、もうすぐ辞めるらしいのでこれは完全にこけました。

大阪府大阪市の「二重行政」とはこの二人の頓馬な行政のことを言うのではないでしょうか。

198床あった市立住吉病院を赤字だからと言って2年前にこの二人が廃止しました。反対を押し切って市民の病院を廃止したうえ、コロナ重症患者の受け入れに使えたのに「二重」にバカなことをしました。

大阪維新は、大阪地下鉄を民間に売りましたが、そのうち水道を外資に売り、大阪市を民間に切り売りするかもしれません。淀屋橋を渡るのに通行料金が発生するかもしれませんw。

また、2025万博は、新型コロナの影響で開催が危ないと関西の地元財界はうろたえだしたと今朝の朝日新聞にありました。万博跡地のIR(カジノ)構想は、すでに座礁に乗り上げているようです。

2021東京オリンピックは、どう考えても開催は無理だと思いますし、いまならまだあまり金のかかっていない2025大阪万博も廃止でいいのではないでしょうか。空いた土地はあらゆることに利用できる可能性がありますので、慎重に考えるべきでしょう。

日本も東京も大阪も、トップが頓馬ですからコロナ患者は着実に増え続けています。なんの手立ても打たないでリーダーシップを発揮できていない状況です。

日本各地には立派な地方の首長さんはおられますが、東京と大阪に限っては「日本と東京」「日本と大阪」という、頓馬なトップによる二重行政なのであります。

 

新生アメリカがうらやましい原始のままの日本

f:id:toship-asobi:20201126010021j:plain

昨日の国会中継予算委員会)を見ていて、この国はますますやばいことになってくると思った向きも多いだろう。

菅総理への質問が飛ぶたびに、菅後方に陣取る秘書官がゼンマイ仕掛けのからくり人形のようにぴょんと飛び出てくる。質問のテーマが変わればまた別の秘書官がぴょんと飛び出てくる。ぴょんと飛び出てきて、資料をスガに手渡して10秒ほどの短い時間で何事かを伝える。
ときどき「秘書官!いま総理と問答しているんだ、邪魔をするな」と質問している議員に叱られる。
そして、読み上げ個所を提示された資料を、スガは棒読みする。

いまコロナの第3波、それも想像を絶するような大きな波が押し寄せようとしているのに、棒読み内閣では何も対処できない。

思い返せば、東日本大震災の時に官房長官だった枝野幸男や、官房副長官だった福山哲郎が今日の予算委員会の質問に立っていた。

彼らが頑張ったから原発事故は何とかあの程度で済んだことを改めて実感した。いまの自民党政権のようなぼんくら政権だったら、東日本大震災原発事故は大変な事態になっていただろう。

あの時、枝野が寝る間も惜しんでスポークスマンに徹していた姿を見て「枝野寝ろ!」という彼の健康を気遣うハッシュタグが立った。それがいまなら「起きろスガ!」といったところだろうか。菅義偉のうつろな目を見ていると、何もかも心配になってくる。

ところで、上の画像の女性たちは、バイデン大統領が組織する新閣僚メンバーの候補者たちで、14のポストのトップに女性が就くと報じられている。

副大統領のカマラ・ハリスをはじめ、国務長官、国防長官、財務長官、司法長官などの重要ポストに女性が就くという。すごいポストが用意されていることに感心する。

14人の女性たちは、人種もキャリアも年齢も多様性に富んでいて、まことに素晴らしいことで、バイデン政権に賛辞を贈りたい。

日本は、8年も政権をつかさどる自民党の歴代の女性閣僚が浅ましい人間ばかりで、女だったら誰でもいいわけではない。そもそも、自民党の女性議員の絶対数が少ないのだから、無理やり幹部や閣僚に引き上げても、せいぜいハードディスクにドリルで穴をあけることくらいしかできない。白人男性崇拝トランプ政権でさえも、幹部に女性は少なからずいた。

日本の政治はいま、有史以来もっともマイナス成長期に入ってしまった感がある。安倍と菅の政権・政府は、静謐で美しい国民たちのおかげで平穏な時間を過ごせているのであって、世が世であれば暴動や一揆ゼネストやクーデターが起きても不思議ではない状況に置かれている。

ということで、「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」時代からさらに1万年くらいさかのぼって、言葉の生まれる前の原始の日本にまで逆戻りしてしまった。

新しくなったアメリカがうらやましい。