遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

オンラインカジノは絶対やってはいけません、勝てません

阿武町の誤送金を受け取った男は、オンラインカジノで振込金を溶かしてしまったそうです。
ほんとですかね。

私はこのニュースに接するまで、オンラインカジノの存在を知りませんでした。日本では200万人も利用しているそうで驚きました。

後学のために、Youtubeでそのようすを見てみました。


www.youtube.com


www.youtube.com

この動画、ふたりの若者が、それぞれオンラインカジノブラックジャックをしているところを実況中継しています。

実況中継しながらブラックジャックをしていますので、相当熟達者だと思われます。

持ち金残金は20万とか50万から始めて、掛け金が数万円で勝負している様子を動画にしています。まるでゲームの実況中継のようですが、その実態は現金を賭けたギャンブルで、こういう世界があったのかと驚きました。

ということで、さっそく結論ですが、オンラインカジノは絶対やってはいけません。

オンラインで情報をやり取りするのですから、運営(ディーラー)側が恣意的な要素をいくらでも盛り込めます。CGなどで作り上げた実態のない世界に勝つことは不可能でしょう。

実際に生きた人間と面と向かってブラックジャックをやるのならいざ知らず、ほとんどバーチャルな世界に入って行ってゲームをやるのですから、「勝ったり負けたり負けたり負けたり負けたり」という感じで、時々勝たせてもらって長期的にはごっそり持っていかれるというパターンが簡単に組み立てられることが容易に想像できます。

競馬やボートなどのギャンブルなら、必ず誰かが勝ちますが、オンラインカジノはその実態が分かりません。少し勝たせてもらって、ほとんどは負けるのがオンラインカジノだと思います。50万円持って競馬場に行った方がまだマシです。目の前で、リアルに勝負の結果は分かりますし、すぐ換金できるからです。

繰り返しますが、オンラインカジノは日本では違法のようですし、そもそもその前に限りなくイカサマ商売にハマることになりますから手を出してはいけないということであります。

ついでに言いますと、大阪でやろうとしているIRカジノについても、税金をつぎ込み過ぎるし、不幸なギャンブラーをたくさん生み出すだけなので私はずっと反対しています。

民主主義のお値段→高すぎる供託金600万円(参議院比例区)

水道橋博士(59)が、夏の参議院選挙にれいわ新選組から立候補するとかしないとか。

れいわの山本太郎代表は、水道橋博士のために供託金600万円を用意するとかしないとか。600万円の供託金だとすると比例区からの立候補だということでしょうか。

大阪から出て維新の候補者に一泡吹かせてくれれば楽しいのですけど、どうやら東京あたりで立候補するようです。当選しなくとも、供託金は帰ってくる可能性はありそうです。

ところで、上の画像にあるように、日本の供託金はべらぼうに高くて、いわゆる「冷やかし」で立候補ができない制度にしてあるようです。普通の市会議員クラスの供託金でも30万円必要です。ただし供託金は、一定数以上の票を取れば返還されます。

それにしてもわが国の供託金は他国に比べて高いものですね。被選挙権があれば、誰が出てもいいと思うのですが、これでは供託金を楽に積める既成政党に有利に働いてしまいますから、民主主義の原則とは程遠い制度だと言えましょう。

 

ところで余談ですが、最近何かの折に下のJRの駅名看板を見てはたと気づいたことがあります。水道橋博士という芸名は「お茶の水博士」のパロディ(北野武命名らしい)だったということにです。

東京へ出向いたことは何度もあり、御茶ノ水駅や次の水道橋駅にも何度も降り立ったことがあるにもかかわらず、不覚にも水道橋博士を知ってもうなん十年にもなるのにそのパロディに気付いていなかったのです。

 

もし国会議員になられたら、国会でも水道橋博士を名乗ってもらいたいものです(議長の許可等が必要)。相方の芸名は絶対許可が下りないと思いますがw、水道橋博士なら大丈夫だと思いますので...。

とりあえずは、選挙での健闘を祈りたいと思います。立憲や共産や社民や野党共闘候補もガンバレ!

 

 

ヘイトで食う飯はうまいか?

間違って振り込まれた大金(4630万円)を返さない山口県の阿武町に住む男のニュースが列島をかけめぐっています。彼が大金に何に使ったのかどこに隠しているのかもワイドショーの話題になっています。

間違って振り込んだ町は、大金を取り扱っているにもかかわらずどんなチェックをしていたのか不思議というかずさんなことこの上ないですし、またよりによって振込先が尋常じゃなかったのが不幸が重なり取り返しのつかない出来事としてニュースになるという、お決まりのコースとなってしまいました。

しかし、そんなことよりも「使途不明のコロナ予備費11兆円」の方がはるかに重要なニュースだと思いますが、どのメディアも扱っていないようですね。視聴率が取れないからか、政権に忖度しているからか知りませんが、私たちは忘れていないのでしっかり説明してもらいます。

それにしても、山口の男に話を戻すと、本来は自分のものでない大金を受け取って、それを自分のものにして幸せになるのでしょうかね。当の阿武町は、男の実名を公表して提訴に踏み切ったようですし、なんとも空しいことになってしまいましたが、本来10万円を受け取れる残りの462人たちはもうお金は振り込まれたのでしょうか、そちらも気になるところです。

最近耳にしたのですが「ヘイトで食う飯はうまいか?」という名言。差別主義者が差別本やヘイトスピーチで稼いだ金で食う飯はうまいのか?わしはそんな汚い金で食っても幸せになれない!といったような名言ですが、人を陥れたり騙したり裏切ったり貶めたり差別したり殺めたりして手に入れた金品で幸せになれるのか?ということです。

Youtube(テレビのニュース動画だったか)でオープニングタイトルと静止画像だけをチラッと見たのですが、ロシア兵がウクライナ人を銃で撃って所持品を略奪したらしき動画だったようでした。

戦地で戦死した味方の兵士の所持品(武器や弾倉や水など)を自分のものにするというのは有りだと思うのですが、無防備な市民から金品を奪うというのは、それが事実だとしたらそれは強盗・追いはぎの世界観です。いまそんなことになっているのかと愕然としたし、その動画は見ていませんが自分の身体に取り入れたくない情報でした。

そんなことをして手に入れた金品で幸せになれないし、むしろ不快感が続くのが普通なのですが、「浜の真砂は尽きるとも世に盗人の種は尽きまじ」と石川五右衛門が言ったように、悪いことをして私腹を増やしたい人間は、古今東西後を絶たないようです。それが、発展途上の国では、政治家や法律家や警察官や 税関吏などが袖の下で生活しているようですから、そんな国に暮らしたくはないものです。

日本もそんなあさましい国に少しずつ近づいていくような気がしないでもありませんが、それは気のせいでしょうか、いやきっと気のせいです。

 

怒涛の如く戦え野党!さざ波選挙では日本は沈みます!ファイト!

SDGsピンバッジを襟につけている人をよく見かけますが、2030年までの目標ゴールに世界中でどれだけ近づけるのかとても気になります。わが日本では、目標の180度反対方向に歩いている(走っている)というべきでしょうか。

第2次安倍政権以降、その反対方向への歩みはとどまるところを知らない惨状であります。

 

持続可能な開発目標(英語: Sustainable Development Goals、略称: SDGsエスディージーズ))は、17の世界的目標、169の達成基準、232の指標からなる持続可能な開発のための国際的な開発目標。
ミレニアム開発目標 (MDGs: Millennium Development Goals) が2015年に終了することに伴って、2015年9月25日の国連総会で採択された『持続可能な開発のための2030アジェンダ』(Transforming our world: the 2030 Agenda for Sustainable Development、または単に2030 Agendaとも)に記述された2030年までの具体的指針である。

SDGs17の目標
1 貧困をなくそう ( No Poverty)
「あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる」
2 飢餓をゼロに ( Zero Hunger)
「飢餓を終わらせ、食料安全保障及び栄養改善を実現し、持続可能な農業を促進する」
3 すべての人に健康と福祉を ( Good Health and Well-Being)
「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」
4 質の高い教育をみんなに (英: Quality Education)
「すべての人々へ包摂的かつ公正な質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する」
5 ジェンダー平等を実現しよう ( Gender Equality)
ジェンダー平等を達成し、すべての女性及び女児の能力強化を行う」
6 安全な水とトイレを世界中に ( Clean Water and Sanitation)
「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する」
7 エネルギーをみんなに、そしてクリーンに ( Affordable and Clean Energy)
「すべての人々の、安価かつ信頼できる持続可能な近代的エネルギーへのアクセスを確保する」
8 働きがいも経済成長も ( Decent Work and Economic Growth)
「包摂的かつ持続可能な経済成長及びすべての人々の完全かつ生産的な雇用と働きがいのある人間らしい雇用を促進する」
9 産業と技術革新の基盤をつくろう ( Industry, Innovation and Infrastructure)
「強靱なインフラ構築、包摂的かつ持続可能な産業化の促進及び技術革新の推進を図る」
10 人や国の不平等をなくそう ( Reduced Inequalities)
「各国内及び各国間の不平等を是正する」
11 住み続けられるまちづくりを ( Sustainable Cities and Communities)
「包摂的で安全かつ強靱で持続可能な都市及び人間居住を実現する」
12 つくる責任 つかう責任 ( Responsible Consumption and Production)
「持続可能な生産消費形態を確保する」
13 気候変動に具体的な対策を ( Climate Action)
「気候変動及びその影響を軽減するための緊急対策を講じる」[注釈 1]
14 海の豊かさを守ろう ( Life Below Water)
「持続可能な開発のために海洋・海洋資源保全し、持続可能な形で利用する」
15 陸の豊かさも守ろう ( Life on Land)
「陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する」
16 平和と公正をすべての人に ( Peace, Justice and Strong Institutions)
「持続可能な開発のための平和で包摂的な社会を促進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供し、あらゆるレベルにおいて効果的で説明責任のある包摂的な制度を構築する」
17 パートナーシップで目標を達成しよう ( Partnerships for the Goals)
「持続可能な開発のための実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップを活性化する」

 

2か月後の参議院選挙は、さすがにここに来て維新の会の勢いは止まったようですが、その分自公が息を吹き返す悲惨な結果になりそうです。つまり、「SDGs17の目標」などどこ吹く風の強固な政権政府になってしまいそうであります。

SDGs17の目標は、日本にとってもどれひとつ疎かにできない課題とゴールであることを認識しつつ、野党(立憲民主・共産・れいわ・社民)におかれては、まずは個人の所得倍増と無駄な税金の使い方の是正を選挙公約に掲げて選挙戦を怒涛の如く戦っていただきたいと思います。さざ波選挙では日本は沈みます!ファイト!

 


www.youtube.com

今週 書評で取り上げられた本(5/9~5/15 週刊10誌&朝日新聞)全96冊

毎週日曜日は、この一週間に書評に取り上げられた本を紹介しています。(書評の内容については各誌をご覧ください。)

今週の書評本

掲載された媒体: 発行号数 掲載冊数
タイトル 著者 出版社 税込価格 書評掲載回数(2回以上のもの)

週刊朝日「週刊図書館」: 5/20 号 6 冊 
昭和・東京・食べある記 森まゆみ 朝日新書 979
昏乱 トーマス・ベルンハルト 河出書房新社 3,190
母親になって後悔してる オルナ・ドーナト 新潮社 2,200
あなたの知らない心臓の話 動物からヒトまで 新常識に出会う知的冒険 ビル・シャット 原書房 2,750
キッチンミノルの写真教室 キッチンミノル 筑摩書房 1,980
女性自衛官 上野友子、武石恵美子 光文社新書 946

サンデー毎日「SUNDAY・LIBRARY」: 5/22 号 9 冊 
君たちはしかし再び来い 山下澄人 文藝春秋 1,980
夏のヴィラ ペク・スリン 書肆侃侃房 1,870
生き抜くためのごはんの作り方 悩みに効く16人のレシピ 河出書房新社河出書房新社 1,562
岐路に立つ「動物園大国」 動物たちにとっての「幸せ」とは? 太田匡彦, 北上田剛他 現代書館 1,980
「アキラさん」は音楽を楽しむ天才 宮川彬良 NHK出版 1,650
舞踏馬鹿 正朔 論創社 2,420
ショートケーキ 坂木司 文藝春秋 1,540
ブラックホール 暗黒の天体をのぞいてみたら 大須賀健 角川ソフィア文庫 990
大衆演劇へようこそ 美しくっておもしろい、庶民の娯楽、ここにあり! おーちようこ 星海社新書 1,298

女性自身「今週の本」: 5/24 号 4 冊 
夏の体温 瀬尾まいこ 双葉社 1,540
キャベツ炒めに捧ぐ 井上荒野 ハルキ文庫 594
八月の母 早見和真 KADOKAWA 1,980
スタッフロール 深緑野分 文藝春秋 1,870

女性セブン「セブンズライブラリー」: 5/26 号 5 冊 
原響の森 横尾忠則 文藝春秋 4,180
なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない 東畑開人 新潮社 1,760
香君(上・下) 上橋菜穂子 文藝春秋 各1,870
やめるな外科医 中山祐次郎 幻冬舎文庫 693
土偶を読む図鑑 竹倉史人 小学館 1,980

週刊現代「日本一の書評」: 5/14・5/20 号 7 冊 
天下を買った女 伊東潤 KADOKAWA 2,145
花散る里の病棟 帚木蓬生 新潮社 1,980
渚の蛍火 坂上双葉社 1,870
てんまる 日本語に革命をもたらした句読点 山口謠司 PHP新書 1,056
ルポ 女性用風俗 菅野久美子 ちくま新書 924 
気狂いピエロ ライオネル・ホワイト 新潮文庫 693
現代思想入門 千葉雅也 講談社現代新書 990

週刊ポスト「ポスト・ブック・レビュー」: 5/20 号 10 冊 
マイホーム山谷 末並俊司 小学館 1,650
地下出版のメディア史 エロ・グロ、珍書屋、教養主義 大尾侑子 慶應義塾大学出版会 4,950
タリバン台頭 混迷のアフガニスタン現代史 青木健太 岩波新書 924
夏が破れる 新庄耕 小学館 1,650
六法推理 五十嵐律人 KADOKAWA 1,870
妻はサバイバー 田豊朝日新聞出版 1,540
わたぶんぶん わたしの「料理沖縄物語」 与那原恵 講談社文庫 682
ただいま、お酒は出せません 長月天音 集英社文庫 693
アントニオ猪木 闘魂60余年の軌跡 瑞佐富郎 新潮新書 902
プーチン習近平 独裁者のサイバー戦争 山田敏弘 文春新書 935

週刊新潮「Bookwormの読書万巻」: 5/19 号 12 冊 
それでも日々はつづくから 燃え殻 新潮社 1,595
夏のヴィラ ペク・スリン 書肆侃侃房 1,870
走る赤 武甜静 中央公論新社 2,420
かれが最後に書いた本 津野海太郎 新潮社 2,310
今、出来る、精一杯。 根本宗子 小学館 1,760
きのうの神さま 西川美和 文春文庫 770
オッサンの壁 佐藤千矢子 講談社現代新書 990
ゴリオ爺さん バルザック 新潮文庫 825
音が語る、日本映画の黄金時代 映画録音技師の撮影現場60年 紅谷愃一 河出書房新社 2,970
千代田区一番一号のラビリンス 森達也 現代書館 2,420
幸田文 生きかた指南 幸田文 平凡社 1,980
カルロ・ロヴェッリの科学とは何か カルロ・ロヴェッリ 河出書房新社 2,310

週刊文春「文春図書館」: 5/19 号 14 冊 
スタッフロール 深緑野分 文藝春秋 1,870
なんでも見つかる夜に、こころだけが見つからない 東畑開人 新潮社 1,760
英文法を哲学する 佐藤良明 アルク 1,980
マスカレードゲーム 東野圭吾 集英社 1,815
爆弾 呉勝浩 講談社 1,980
地球の歩き方 ムー 異世界(パラレルワールド)の歩き方 超古代文明 オーパーツ 聖地 UFO UMA 地球の歩き方編集室 学研プラス 2,420
オウムアムアは地球人を見たか? 異星文明との遭遇 アヴィ ローブ 早川書房 2,750
走る赤 武甜静 中央公論新社 2,420
プリズン・サークル 坂上岩波書店 2,420
失われたTOKIOを求めて 高橋源一郎 インターナショナル新書 880
コーリング・ユー 永原皓 集英社 1,760
ミシンと金魚 永井みみ 集英社 1,540
我が友、スミス 石田夏穂 集英社 1,540
ソ連兵へ差し出された娘たち 平井美帆 集英社 1,980

週刊エコノミスト「Book Review」: 5/17 号 6 冊 
世界はコロナとどう闘ったのか? パンデミック経済危機 アダム・トゥーズ 東洋経済新報社 3,080
ホモ・エコノミクス 「利己的人間」の思想史 重田園江 ちくま新書 1,034
子どもが面白がる学校を創る 平川理恵・広島県教育長の公立校改革 上阪徹 日経BP 1,980
日本農業改造論 悲しきユートピア 神門善久 ミネルヴァ書房 3,080
日本の国会議員 政治改革後の限界と可能性 濱本真輔 中公新書 990
砂まみれの名将 野村克也の1140日 加藤弘士 新潮社 1,650

週刊東洋経済「話題の本」: 5/14 号 9 冊 
アルツ村 南杏子 講談社 1,870
WORLD WITHOUT WORK AI時代の新「大きな政府」論 ダニエル・サスキンド みすず書房 4,620
グリーン・ニューディールを勝ち取れ (気候危機、貧困、差別に立ち向かうサンライズ・ムーブメント) ヴァルシニ・プラカシュ他 那須里山舎 2,640
奇跡の介護リフト 介護業界に風穴を開けた小さなメーカーの苦闘の記録 森島勝美 幻冬舎 1,650
パンデミック監視社会 デイヴィッド・ライアン ちくま新書 924
統計学が見つけた野球の真理 最先端のセイバーメトリクスが明らかにしたもの 鳥越規央 講談社ブルーバックス 1,100
儲かる! 米国政治学 渡瀬裕哉 PHP新書 1,056
江戸の宇宙論 池内了 集英社新書 1,034
拝謁記2 昭和天皇拝謁記 昭和25年10月~26年10月 田島道治 岩波書店 3,300

朝日新聞: 5/14 朝刊 14 冊 
少年 川端康成 新潮文庫 539
プリズン・サークル 坂上岩波書店 2,420
「米留組」と沖縄 米軍統治下のアメリカ留学 山里絹子 集英社新書 946
オッサンの壁 佐藤千矢子 講談社現代新書 990
ハレム 女官と宦官たちの世界 小笠原弘幸 新潮選書 1,815
「コミュ障」のための社会学 生きづらさの正体を探る 岩本茂樹 中央公論新社 1,650
四角六面 キューブとわたしルノー・ルービック 光文社 2,090
政治学者、PTA会長になる 岡田憲治 毎日新聞出版 1,760
春はまた巡る デイヴィッド・ホックニー芸術と人生とこれからを語る デイヴィッド・ホックニー 青幻舎インターナショナル 3,850
一九三九年誰も望まなかった戦争 フレデリック・テイラー 白水社 6,380
アメリカ外交史 西崎文子 東京大学出版会 4,180
ブラッディ・ファミリー 警視庁人事一課監察係 黒滝誠治 深町秋生 新潮文庫 781
観覧車は謎を乗せて 朝永理人 宝島社文庫 770
楽園の真下 荻原浩 文春文庫 935 

以上