遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

公金チューチュー企業撲滅運動は政権交代で可能になるはずです

東京都庁をスクリーンにしたプロジェクションマッピングが4月まで実施されているそうですが、この一連の事業は18億円に上るんだそうです。

他に使い道があるのでは?との声も上がっているそうですが、東京都はお金があって余裕ですね。

これは電通案件なのでしょうか、どこが中抜きするイベントなのでしょうか。

能登半島は震災以降2カ月がたちますが、復旧支援は十分足りているんでしょうか。復旧支援は中抜きや「キックバック」が期待できないので、切捨てや後回し案件なのでしょうか。

www.tokyo-np.co.jp

一方で大阪は、公立高校のトイレの改修もままならないのに、6か月で壊してしまう万博のトイレに1箇所最高2億円もかけています。

ご存知、リング状の大屋根に350億円もかけていて、他の工事にじゃまになることがわかり、さらに費用が必要だとか。

東京や大阪でこんな無駄使いをしていて、地方は怒っているのではないでしょうか。

衆議院を無理やり通した予算案は、今日から参議院で審議されますが、「本当に必要なところにお金が回っていないんじゃないか?」という視点で予算員会を見てもいいのではないかと思いますがいかがでしょう。

たとえば、立憲民主党辻元清美が今朝からの予算委員会で、2023年の防衛予算から三菱重工への発注額を1兆円だという数字を引き出していましたが、加えて、原材料などの輸入に関する円安為替差損分についても補填する契約なのだそうです。

三菱重工との防衛関連費発注額実績(3月4日予算委員会より)
2013年    3165    億円
2014年    2632    億円
2015年    1998    億円
2016年    4532    億円
2017年    2457    億円
2018年    1949    億円
2019年    3127    億円
2020年    3102    億円
2021年    4591    億円
2023年2月27日時点で1兆950億円

2022年の発注額は答弁になかったのですが、いずれにせよ上の10年間で3兆8千億円が三菱重工に税金が流れました。今後は、防衛費が膨らんだ関係で、2023年と同じ毎年1兆円以上の発注額になると思われます。

その三菱重工から自民党への政治献金額は毎年3300万円なんだそうで、発注額に比して意外に少ない献金額だと思いますが、1兆円の契約額ならこんなところでしょうか。

いずれにせよ、こういった公金チューチュー企業が他にもいろいろあって、自民党への意外に少ない献金額の支出で健全経営が可能になるのでしょう。

ことほどさように、114兆円の予算案がいかにばらまき予算で、自民党への献金キックバックされることは容易に想像できます。

ということで、公金をチューチューする中抜き企業や献金企業のための予算を正して、国民の生活を守る予算を最優先させるには、政権交代しか他に道はないと考えますがいかがでしょうか。

 

www.youtube.com

今週の書評本 全93冊(2024/2/26~3/3 掲載分 週刊9誌&新聞3紙)

毎週日曜日は、この一週間(2/26~3/3)に週刊誌や新聞などの書評に取り上げられた旬の本を紹介しています。書評内容については各誌・HPなどをご覧ください。

今週の書評本

*表示凡例
掲載された媒体: 発行号数 掲載冊数
書籍タイトル 著者.編者 出版社 税込価格 書評掲載回数(②回以上のもの)

サンデー毎日「遠回りの読書」: 3/10 号 2 冊
ビル・エヴァンス 孤高のジャズ・ピアニスト 河出書房新社河出書房新社 2,420
なるようになる。 僕はこんなふうに生きてきた 養老孟司 中央公論新社 1,540

女性自身「今週の本」: 3/12 号 4 冊
風に立つ 柚木裕子 中央公論新社 1,980
水車小屋のネネ 津村記久子 毎日新聞出版 1,980
耳は悩んでいる 小島博己 岩波新書 1,056
在宅緩和ケア医が出会った 「最期は自宅で」30の逝き方 髙橋浩一 光文社新書 924

女性セブン「セブンズライブラリー」: 3/14 号 4 冊
シャーロック・ホームズの凱旋 森見登美彦 中央公論新社 1,980
ジェンダー・クライム 天童荒太 文藝春秋 1,870
なんていいひ リチャード・ジャクソン, スージー・リー 小学館 1,980
挿絵画家 風間完和文学を輝かせ、美人画を描き続けた人生 風間研 平凡社 2,970

週刊現代「日本一の書評」: 3/9 号 6 冊
冬に子供が生まれる 佐藤正午 小学館 1,980
のち更に咲く 澤田瞳子 新潮社 2,200
ラストコールの殺人鬼 イーロン・グリーン 亜紀書房 2,970
モフモフはなぜ可愛いのか 動物行動学でヒトを解き明かす 小林朋道 新潮新書 880
虎の血 阪神タイガース、謎の老人監督 村瀬秀信 集英社 1,980
7月のダークライルー・バーニー ハーパーBOOKS 1,230

週刊ポスト「ポスト・ブック・レビュー」: 3/8・3/15 号 10 冊
帝国妖人伝 伊吹亜門 小学館 1,870
だれか、来る ヨン・フォッセ 白水社 2,530
構造と力 記号論を超えて 浅田彰 中公文庫 1,100
K+ICO 上田岳弘 文藝春秋 1,760
川のある街 江國香織 朝日新聞出版 1,870
虎の血 阪神タイガース、謎の老人監督 村瀬秀信 集英社 1,980
ミトンとふびん 吉本ばなな 幻冬舎文庫 693
暗殺者 安生正 徳間文庫 957
世界のロシア人ジョーク集 早坂隆 中公新書ラクレ 990
商店街の復権 歩いて楽しめるコミュニティ空間 広井良典 ちくま新書 1,320

週刊新潮「Bookwormの読書万巻」: 3/7 号 11 冊
涙にも国籍はあるのでしょうか 津波で亡くなった外国人をたどって 三浦英之 新潮社 1,925
ロゴスと巻貝 小津夜景 アノニマ・スタジオ 1,980
ミノタウロス現象 潮谷験 KADOKAWA 2,145
常設展へ行こう 奥野武範 左右社 2,750
仕事の辞め方 鈴木おさむ 幻冬舎 1,650
鷲か太陽か? オクタビオ・パス 岩波文庫 792
世界は経営でできている 岩尾俊兵 講談社現代新書 990
衣巻省三作品集 街のスタイル 衣巻省三山本善行 国書刊行会 3,850
おかしゅうて、やがてかなしき 映画監督・岡本喜八と戦中派の肖像 前田啓介 集英社新書 1,485
クリスティを読む! ミステリの女王の名作入門講座 大矢博子 東京創元社 1,980
漫画を描く 凜としたヒロインは美しい 里中満智子 中央公論新社 1,760

週刊文春「文春図書館」: 3/7 号 10 冊
世界から青空がなくなる日 自然を操作するテクノロジーと人新世の未来 エリザベス・コルバート 白揚社 2,970
火山に馳す 浅間大変秘抄 赤神諒 KADOKAWA 2,090
八秒で跳べ 坪田侑也 文藝春秋 1,870
帝国妖人伝 伊吹亜門 小学館 1,870
奇岩館の殺人 高野結史 宝島社文庫 840
旬のカレンダー 旬の暮らしをたのしむ会 ダイヤモンド社 1,694
王朝和歌、こんなに面白い 中原文夫 作品社 1,760
限界分譲地 繰り返される野放図な商法と開発秘話 吉川祐介 朝日新書 957
日本哲学入門 藤田正勝 講談社現代新書 1,100
ロボットの夢の都市 ラヴィ・ティドハー 東京創元社 2,640

週刊エコノミスト「Book Review」: 3/5 号 7 冊
ナショナリズム入門 リア・グリーンフェルド 慶應義塾大学出版会 2,970
めくるめく数学。 嶽村智子 , 大山口菜都美 , 酒井祐貴子 明日香出版社 1,760
不完全な司書 青木海青子 晶文社 1,870
副業おじさん 傷だらけの俺たちに明日はある若月澪子 朝日新聞出版 1,650
絶対に失敗しない! 中古マンションの見極め方 日下部理絵,高橋正典 他 ビジネス教育出版社 1,650
『RRR』で知るインド近現代史 笠井亮平 文春新書 1,100
西洋の鍵 4千年の歴史にみるすぐれた機能とデザイン ジャン=ヨーゼフ・ブルンナー グラフィック社 2,970

週刊東洋経済「話題の本」: 2/24 号 6 冊
韓国建国に隠された左右対立悲史 1945年、26日間の独立 吉倫亨 株式会社ハガツサ 2,750
人種差別主義者たちの思考法 黒人差別の正当化とアメリカの400年 イブラム・X・ケンディ 光文社 5,500
ドキュメント 異次元緩和 10年間の全記録 西野智彦 岩波新書 1,056
10代からの政治塾 子どもも大人も学べる「日本の未来」の作り方 泉房穂 KADOKAWA 1,650
極東のシマフクロウ 世界一大きなフクロウを探して ジョナサン・C・スラート 筑摩書房 3,300
小山さんノート 小山さんノートワークショップ エトセトラブックス 2,640

朝日新聞: 3/2 朝刊 17 冊
構造と力 記号論を超えて 浅田彰 中公文庫 1,100
冬に子供が生まれる 佐藤正午 小学館 1,980
シェフ ゴーティエ・バティステッラ 東京創元社 2,750
チャップリンアヴァンギャルド 大野裕之 青土社 2,640
深海ロボット、南極へ行く 極地探査に挑んだ工学者の700日 後藤慎平 太郎次郎社エディタス 2,090
ルポ 出稼ぎ日本人風俗嬢 松岡かすみ 朝日新書 957
食べものから学ぶ現代社会 私たちを動かす資本主義のカラク平賀緑 岩波ジュニア新書 1,034
日本思想史と現在 渡辺浩 筑摩選書 2,090
頭のうえを何かが 岡崎乾二郎 ナナロク社 2,530
死刑囚になったヒットマン 「前橋スナック銃乱射事件」実行犯・獄中手記 山本浩輔 文藝春秋 1,650
中森明菜の音楽 1982-1991 スージー鈴木 辰巳出版 1,650
7月のダークライルー・バーニー ハーパーBOOKS 1,230
検察官の遺言 紫金陳 ハヤカワミステリ文庫 1,232
黄土館の殺人 阿津川辰海 講談社タイガ 1,320
わたしの証拠(1) カレー沢薫 小学館 1,100
「日本語」の文学が生まれた場所 極東20世紀の交差点 黒川創 図書出版みぎわ 3,960
ヘンな矢印標識 君たちはどう進むか 山﨑賀功 自由国民社 1,595

毎日新聞: 3/2 朝刊 7 冊
シモーヌ・ヴェイユ「歓び」の思想 鈴木順藤原書店 3,960
化学の授業をはじめます。 ボニー・ガルマス 文藝春秋 2,750
村上春樹研究 サンプリング、翻訳、アダプテーション、批評、研究の世界文学 横道誠 文学通信 3,300
矛盾の水害対策 公共事業のゆがみを川と森と人のいとなみからただす 谷誠 新泉社 2,750
生物から見た世界 ユクスキュル, クリサート 岩波文庫 858
鬱の本 点滅社編集部 点滅社 1,980
ソング&セルフ 音楽と演奏をめぐって歌手が考えていること イアン・ボストリッジ アルテスパブリッシング 2,860

読売新聞: 3/3 朝刊 9 冊
風に立つ 柚木裕子 中央公論新社 1,980
道長ものがたり「我が世の望月」とは何だったのか 山本淳子 朝日新聞出版 1,870
ラストエンペラー 楡周平 KADOKAWA 1,980
時評書評 忖度なしのブックガイド 豊﨑由美 教育評論社 1,980
玄奘三蔵がつなぐ中央アジアと日本 近本謙介、影山悦子 臨川書店 5,940
顔に取り憑かれた脳 中野珠実 講談社現代新書 1,078
成瀬は信じた道をいく 宮島未奈 新潮社 1,760
ヒッタイト帝国「鉄の王国」の実像 津本英利 PHP新書 1,265
タロットの美術史〈1〉愚者・奇術師 鏡リュウジ 創元社 1,650 

以上

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

成瀬は信じた道をいく [ 宮島 未奈 ]
価格:1,760円(税込、送料無料) (2024/3/2時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

成瀬は天下を取りにいく [ 宮島 未奈 ]
価格:1,705円(税込、送料無料) (2024/3/2時点)


 

官僚が作った予算案に乗って、その僅かなおこぼれをすする下司な自民党議員

2009年の政権交代民主党政権が誕生し、自民党は3年間を野党の座に甘んじていました。

政権与党だった民主党は、不幸にも「東日本大震災」に遭遇しましたが、野党自民党の協力を得られないまま、いやむしろ足を引っ張られる形で復旧対策にあたりました。

自民党の政策のもとで建設された原子力発電所のひとつが大事故を起こした未曽有の自然災害に、民主党は足元をすくわれました。

しかし、もしあの事故の際の政権が安倍内閣だったとしたら、今ごろ福島原発やその周辺住民の健康被害はどうなっていたでしょう。それを考えると、背筋が寒くなります。

上に貼り付けた一覧表は、2009年8月に民主党政権が誕生して最初の7カ月で達成した政策です。

安倍晋三の口癖だった「悪夢」のような民主党政権は、ただ単に安倍晋三が悪夢と認識していただけで、国民にとってはちっとも悪夢ではなかった、いまとなっては良き政権だったと思うのですがいかがでしょう。

下に貼り付けた表は、あの民主党政権が掲げたマニフェストについて、3年間でどのように実現されたかを検証したものです。

https://gendai.media/articles/-/88224#goog_rewarded

「ムダづかい」「子育て・教育」「年金・医療」「地域主義」雇用・経済」「消費者・人権」「外交」の164項目のマニフェストについて、それぞれの「実現」された項目や「一部実施」されたり「着手」された項目数を示しています。

民主党マニフェスト全164項目のうち、

実現されたものが50

一部実施が60

着手が29で

未着手は7という素晴らしい実績です。

「税金のムダづかい」「子育て・教育」「年金・医療」「地域主義」雇用・経済」「消費者・人権」「外交」といったマニフェストの項目は、2024年になっても、いや今こそ日本が再浮上のきっかけになるためのマニフェスト項目です。

2012年に再度登場した安倍政権以降の自民党政治は、憲政史上最も醜くて下司な腐臭のする政治だったことは誰の目にも明らかでした。

自民党が野に下っていたころから、安倍晋三統一教会に急接近して、カルト教団のための政治を実践することを胸に誓いました。

もう二度と野党になることは我慢ならないという心情から、自民党総裁の任期まで変更して専制的な政治を繰り広げました。まるでプーチン習近平金正恩と同じ精神構造の内閣総理大臣安倍晋三でした。

そしてその安倍政治の集大成が、安倍派による裏金作りで、安倍チルドレンがあの手この手でばらまいた税金を、政治資金パーティーを開くことで自派閥に還流させました。他の派閥も追随しました。

アメリカに次ぐ世界2位の超大型の予算案を組んで、「還流」が期待されるところに大々的にバラまいて、そのお余りのわずかな額を政治資金パーティー券で取り戻すという、情けないことこの上ない方法で「集金」し続けていました。

自民党の政治家は、私たち国民の幸福のための政治をやらないで、選挙や飲み食いのための表や裏の資金集めをしていました。

官僚が作った予算案に乗っかって、そのわずかなおこぼれをすすっているだけの下司な輩が自民党の代議士たちです。悪夢の民主党政権だって、そんな卑しいことはしなかったんじゃないでしょうか。だから今の予算案に反対しなければならないのです。

ということで、我が同胞の幸せのために、自民党に代わる政権を、と言っても維新の会は自民党以下に下司いので、それ以外の政党、立憲・共産・社民・れいわ・国民・市民連合党などの連立による政権にこの国を任せる時が近づいていると思いますいかがでしょうか。

 

www.youtube.com

www.youtube.com