遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

全米図書賞の柳美里作「JR上野駅公園口」を読みました

f:id:toship-asobi:20210724001104j:plain


柳美里の小説を初めて読む。

2020年の全米図書賞の翻訳部門で、柳美里の「JR上野駅公園口」( "Tokyo Ueno Station"モーガン・ジャイルズ翻訳)が受賞したことがきっかけで、この受賞作を読むことにした。

昨日7月23日は東京オリンピックの開会式だったが、昨日本作の最後の方を読んでいて1964年の東京オリンピックの開会式のシーンが出てきた。57年の時空を超えてピンポイントで奇しくも同じ東京での開会式のシーンが重なったことにギクッとした。

東京五輪の競技会場の工事現場で働いていた主人公の回想シーンで、昭和天皇が「第十八回近代オリンピアードを祝い」開催宣言をするのだった。

福島県からの出稼ぎで東京に出てきてそのまま上野でホームレスになった主人公は、1933年・昭和8年生まれで、現上皇と同じ年に生まれた。そして主人公の長男は、浩宮今上天皇)と同じ年(昭和35年)に生まれたので浩宮にちなんで「浩一」と命名される。天皇家と主人公一家の父子4人はそれぞれ同年なのだった。

その長男浩一の不幸をはじめ、主人公には何一つ幸せな出来事は起こらない小説で、柳美里は重いうつ状態でこの作品を書き上げたという。寝転んだままスマホで河出書房の「文藝」掲載のために書いたそうだ。

上野公園で寝泊まりしているホームレスたちに彼らが「山狩り」と呼ぶお触れが出る。皇室関係者が上野の美術館などお出ましになるので、公園内から立ち去らなければならないのだった。皇室から一字頂いた名前の息子を持つ自分も「山狩り」に遭わなければならないのだった。

英語に訳された本書は、現代のアメリカ人にしたらどこか別の星の物語のように感じたのではないだろうか。

江戸時代に富山や新潟から相馬に移住してきた浄土真宗門徒たちが、かの地でまるで異教徒のように暮らしてきた歴史は、移民の国アメリカでは受け入れやすいエピソードかもしれないが、日本の近代化までの過程のなかで不幸のどん底にあった主人公の人生に親近感を感じるのだろうか。またJR上野駅とその周辺が、近代化の窓口的存在だったこととは別に、アメリカ人には不思議で特別な場所に映ったように想像できる。

全米図書賞の翻訳部門で受賞の瞬間に涙した翻訳者のモーガン・ジャイルズ。彼女の涙の半分は受賞の喜びによるものだったと思うが、残りの半分は相馬に移住した柳美里と彼女が生み出した相馬生まれの主人公に敬意を表したものだったかもしれない。

何一つ楽しいことがない絶望の物語なのになぜか哀しくないのが不思議なのだが、詩的でみずみずしくてしっとりとした文体と、作品の土台と骨組みがしっかりしているからだろう。これが文学の力なのか。私から遠い地の入口と出口である相馬や浪江や上野などの古くからの暮らしにも興味を持ったし、「皇室とホームレス」の対比も巧みに表現されている。

この作品を書き上げたころのうつ状態から抜けきれたようで、柳美里は以前よりずっと溌剌でさわやかに感じる。きっと、相馬に移り住んで書店を始めたせいだと思われる。

 

映画「蜘蛛の巣を払う女」とスティーグ・ラーソンの「ミレニアム1ドラゴン・タトゥーの女」

f:id:toship-asobi:20210722113533j:plain

Netflixで映画「蜘蛛の巣を払う女」を見ました。

いまは亡きスティーグ・ラーソンの小説で、世界的なベストセラーとなった「ミレニアム」シリーズ(3部作)を引き継いだスウェーデンの作家ダヴィド・ラーゲルクランツの原作の映画化作品だったようです。

娯楽性に富んだスリリングな楽しい映画でした。主人公リスベットの駆るバイクがカワサキ製からドゥカティに変わってしまいましたが、2時間に満たない作品ですし、テレビやゲームに飽きたら涼しい部屋でお楽しみください。冬のスウェーデンが舞台の夏向きの作品です。

「ミレニアム」シリーズは1から3までをスティーグ・ラーソンが遺し、その後ダヴィド・ラーゲルクランツが『ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女』、『ミレニアム5 復讐の炎を吐く女』、『ミレニアム6 死すべき女』を書き上げたようです。

スティーグ・ラーソンが亡くなってミレニアムシリーズは私のなかでは3作で終わっていましたが、ダヴィド・ラーゲルクランツがその後のリスベットとミカエルの調査記録物語を紡いでいるようです。

ということで、私の過去記事から「ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女」の読書記事をここに再掲載します。小説もすこぶる楽しい出来であります。

 

f:id:toship-asobi:20210722114301j:plain

ミレニアム1 ドラゴン・タトゥーの女 (上・下)

スティーグ・ラーソン  (ハヤカワ・ミステリ文庫)

月刊誌『ミレニアム』の発行責任者ミカエルは、ある大物実業家の違法行為を暴く記事を発表した。

だがその記事が名誉毀損にあたるとして有罪になり、彼は『ミレニアム』から離れた。

そんな折り、大企業グループの前会長ヘンリックから依頼を受ける。およそ40年前、彼の一族が住む孤島で兄の孫娘ハリエットが失踪した事件を調査してほしいというのだ。

その調査結果次第で、名誉棄損で敗訴した例の大物実業家を破滅させる証拠を渡すという条件を提示されたのだった。ミカエルは受諾し、困難な調査を開始する。

ドラゴン・タトゥーの女」の字面だけのイメージは犯罪者だったのだが、ドラゴン・タトゥーの女ことリスベット・サランデルは犯罪捜査に取り組む、カワサキのバイクを駆る超腕利きの調査員であった。

ミステリーはさまざまなジャンルがあるが、本作「ミレニアム1」は、「犯人は誰だ」がテーマの、犯人探しの本格推理小説にジャンル分けされよう。

ヘンリックという前会長から依頼されて、スウェーデンの同族大企業グループの秘密を探るのが、経済雑誌発行責任者のミカエル。
地道な捜査活動だけを淡々と描写するだけでは退屈なので、作者スティーグ・ラーソンは、ミカエルの周辺に複数の女性を配置して、物語に楽しい変化をつけてくれる。
その女性陣のひとりが、ドラゴン・タトゥーを背負った若きリスベットで、最終的には、40歳過ぎの主人公ミカエルと、「謎解き犯人探し」を成し遂げるのである。

本流となる、迷宮入りの事件捜査のほかに、リスベットの私生活を描いたストーリの支流も、すこぶる面白い。
また、本流の事件が解決した後も、さらにページ数が残されていて、そこから、ミカエルは再びリスベットと組んで、名誉毀損で敗訴したある大物実業家の違法行為を暴くために、全身全霊を傾ける。

エンターテイメント・ラインが何本も通っていて、その一本一本に手抜きがなく、さすがは全世界で楽しまれたベスト・セラー、徹頭徹尾楽しませてくれるのである。

登場人物は多いのだが、主要人物は限られていて、その一人一人の人物造形が、単調でなく浅くもなく荒唐無稽でもなく、よく考え抜かれていて楽しい。

リスベットとミカエル、彼らふたりの活躍譚は、当然に次回作にも引き継がれるのである。

 

小林賢太郎は開会式から去れ!安倍晋三は開会式に来い!

f:id:toship-asobi:20210722095020j:plain

東京オリンピックの開会式でショーディレクターを務めるコメディアンの小林賢太郎(元ラーメンズ)の、ユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)をパロディーにしたとみられるコントの動画がインターネット上で拡散しているようです。

このことで米国のユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は、「反ユダヤ主義の発言」として非難する声明を発表しました。

またやってしまいましたね。今度はユダヤ人虐殺のパロディですか。全世界を敵に回してしまいましたね。

小林賢太郎が開会式にかかわっていることを数日前に知ったのですが、彼のことをあまりよく知らないとはいえ、あの気取った感じとお笑い芸人たちの小林に対する揶揄くらいは知っていて、小山田圭吾っぽい男がまだスタッフにいるのだと思ったところでした。

やってはいけないことが判らないバカを国際的な平和の祭典にかかわらせてはいけません、さっさと辞任してもらいましょう。

ところで、「反日的な人が五輪開催に強く反対」と言っていた安倍晋三東京五輪の開会式を欠席するそうです。

安倍は組織委の名誉最高顧問であるにもかかわらず、無観客で安全対策もできているにもかかわらず、開会式を欠席するのだそうです。SNSでは「また安倍が逃げた」と非難されています。

私が思うに、この10年でもっとも「反日」的だったのは安倍晋三で、この国をここまで貶めたのがこの男です。それを反日と呼ばずに何と呼べばいいのでしょう。

リオ五輪の閉会式では、サプライズでマリオに扮した安倍が見世物になっていましたが、日本のトップが秘密裏にブラジルに飛んでああいう見世物に出るとは、身の危険を顧みないバカの極みと言われても仕方のない行為だったと言えます。

あの演出を考えたのは、ブラジル側ではなく、森喜朗の発案で電通の佐々木宏が考えた演出でした。

佐々木宏と言えば、渡辺直美の容姿を侮辱した発言で東京五輪開会・閉会式の担当ディレクターを首になった男です。バカが3人寄ればとんでもない危険なことを企てるのですが、安倍首相も森五輪組織委員長も佐々木開会式プロデューサーも、いまはその任にありません。

リオの閉会式にああいう形で参加した恥知らずの身の程知らずが、美しい国日本での安全を約束された開会式になぜ出席しないのでしょう。

安倍は組織委の名誉最高顧問だけにとどまらずに、フクシマはアンダーコントロール下にあるとして東京へ五輪を招致する大演説をぶった張本人なのです。しかもその演説は大ウソだったのです。あっ、「あの時大ウソ演説をした男だ!」と世界中に再認識されるのが怖くて開会式に出ないのでしょうか。それだとしたら、ますます安倍晋三殿には開会式に出席していただきたいものですね。

日本がコロナ禍からなかなか抜けきらないのも、安倍の政策のせいです。あの「アベノマスク」2枚で何とかなると思ったのですから。安倍がやったコロナ対策は粗悪なマスクを莫大な金を使ってばらまいただけなのですから、オリンピックが終わってもそのことは忘れないようにしたいものです。

 

東京五輪の開会式に欠席する要人が多すぎる

f:id:toship-asobi:20210721003714j:plain

各国の要人は東京五輪の開会式を欠席することを次々に表明していて、要人の数は20名を割りそうだ。日本に来たくないのだろう。日本までの物理的な距離も心情的な距離も、とてつもなく遠く感じているのかもしれない。

加えて、国内スポンサー企業のCEOたちも次々に欠席を表明していて、五輪関連CMも中止にしたり縮小するそうで、いまや五輪と距離を置く方がイメージ戦略としては有効に働くと判断したようだ。

具体的には、NTT、アサヒビール、NEC、トヨタパナソニック富士通、明治、野村などのオリンピック関連スポンサーが、社長や役員の開会式欠席を決めたそうだ。

スポンサーで元気なのはコカ・コーラくらいなものだろうか、茨城県の鹿島スタジアムでのサッカー観戦の小学生には、コカ・コーラ社飲料を持ってくること、コカ・コーラ社以外の飲料はラベルをはがすようにとのお達しが出されたそうだ。コカ・コーラ社の飲料もレベルをはがすならフェアだけど、小学生にもバカにされるようなお達しに、情けなくて涙も出ない。

しかも、テロ防止の観点から一人につき750ml以下の制限もついていて、神経質なことこの上ない。だったら、コカ・コーラにタダで安心な飲料用意させろや!

熱中症防止のためにせめてペットボトル2本まで許可してほしいと学校側は要請しているという。茨城県での競技も無観客でいいではないか。子どもたちの健康被害が心配だ。

開会式のメインイベントは聖火の点火だろうから、小山田某も辞めて開会式プランはもうグダグダだろうから、聖火点火式だけでいいのではないだろうか。どうせ無観客だし。五輪大会自体が開催されるかどうかは、まだ定かではないけれど...。

 

f:id:toship-asobi:20210721004331j:plain

 

伊東若冲の作品がついに国宝に指定されました

f:id:toship-asobi:20210720005848j:plain

伊東若冲の作品がついに国宝に指定されました。

《今回、国宝に指定するよう答申されたのは、かつて皇室が所有し、現在は三の丸尚蔵館が収蔵する5件で、高階隆兼《絹本著色春日権現験記絵》(二十巻)、紙本著色蒙古襲来絵詞(二巻)、狩野永徳《唐獅子図》(一隻)、伊藤若冲動植綵絵》(三十幅)、小野道風《屛風土代》(一巻)。》

伊東若冲の作品がポピュラーになったのは15年くらい前だったでしょうか、その頃にはジョー・プライスなどの蒐集家により多くの若冲作品は海外に流失してしまっていました。ですから若冲人気は、アメリカからの逆輸入現象でした。

家業を弟に譲り、40歳で独学による画家を目指した若冲は、相国寺(しょうこくじ)で中国画などの模写にふけりました。

独自の精神と画法による作品群は、狩野派などの保守本流路線からはみ出た異端に属するものでした。

いまでいえば「表現の不自由展」に出品するような、アヴァンギャルドな作家だったかもしれません。

このたび国宝指定されるのは、動植綵絵(三十幅)」で、私はこの三十幅が相国寺に120年ぶりに里帰りした2007年の展覧会でこれらと出会っています。

そして、本日から国立九州博物館での特別展「皇室の名宝」展で、若冲の「動植綵絵」十二幅(六幅ずつ展示替え有り)が展示されるようです。お近くの方は、ソーシャルディスタンスにお気をつけてぜひお出かけください。