遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

わたしが子どもだったころ/小澤征爾

イメージ 1

 

わたしが子どもだったころ」という番組がある。

NHKのBSでも総合TVでも見られる。

著名人が自分の幼少期を語り、それに基づいたドラマが再現されるという、

単純な番組である。

番組のコンセプトは単純なのだけど、登場する著名人がよければ、

つまり、その人の語りが面白く、ドラマチックな幼少期を過ごしていれば、

とても面白い企画の番組になる。


一番最近に見たのが、小澤征爾わたしが子どもだったころ


面白くないわけがないので、しっかり録画して楽しんだ。

小澤の子どもの頃の再現ドラマが秀逸だった、

NHKの数あるドラマの中で、この番組のドラマが一番優れていると私は思う。

というか、他のドラマものはほとんど興味がない。

テレビマンユニオンが制作した、この小澤征爾のドラマは温かくて気品があり、

賛美歌のように詩的で素晴らしかった。


父親役を征爾の長男の征悦、母親役をキタキマユが務め、

この夫婦役の2人が、あっけらかんと実に秀逸であった。

征爾の兄弟役を務めた俳優たちも含め、みなとても生き生きとしていて、

時代感覚もあって、素晴らしかった。


征爾が育った中国北京の家は今も残っており、

ドラマはその現存する小澤邸跡でも撮影され、

実にグラフィカルな非の打ちどころのないロケ地であった。


いろんな面白いエピソードが盛り沢山で、そのなかから二つをご紹介。


■征爾の兄の弾くアコーディオンで母親と、幼い征爾が賛美歌を歌う、

 ♪ きよき朝よ たのしき日よ

母親は音をはずして歌うのが常だったようで、キタキマユがそれを名演する、

なぜか、このはじめて聴く清い賛美歌にとても強く胸を打たれた。


■戦後の物資がない時代に、父親が資金を工面して、

ようやく手に入れられそうなピアノが横浜にある。

まだ幼い征爾のために、横浜から立川の自宅まで2人の兄がリヤカー!で運ぶ。

この麗しい家族愛があって、ひとりの優れた音楽家が育つのである。


征爾少年は、このピアノでバッハの権威といわれた大先生(豊松ノボル?)に教えを受け、

順調にスクスクと音楽家の道を歩んでいたはずだったのに・・・・。


NHKのホームページは、総合テレビで6月15日(月)に再放送されると

伝えているので、興味ある方はご覧いただきたい。