遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

棚田と原発/玄海町

イメージ 1

玄海原発3.4号機の再稼働について、佐賀県の山口知事は「やむを得ない」と同意を表明した。近隣自治体の反対を押し切って、夏以降に再稼働の見込みだという。

問題発言で辞任する今村復興大臣は、佐賀県の出身だという。「佐賀でなくてよかった」とはならないことになるかもしれない原発再稼働である。しかも、北朝鮮からのミサイルを脅威だ脅威だと騒いでるくせに、北朝鮮から一番近い距離にある原発を動かせるのである。

さて、下に示した橋本麻里のリツイートで見つけた浜野浦の棚田の写真。

■むかい @Hotpicture0914  
 #本日の棚田
2017浜野浦の棚田
今年一発目の棚田は最高の光景で幕を開けました!
GWが見頃でございます!
皆様のお越しを心よりお待ちしております^^

これはどこの棚田だろうとググってみたら、佐賀県玄海町の棚田だった。

原発から3㎞ほどのところにある棚田展望台からの写真だと判明した。原発のニュースが流れた日に、偶然このツイッターと遭遇しあっと驚いた。ツイートしたお方は、ゴールデンウィークにはぜひ見に来てくださいとのお誘いのうえ、上の画像を貼り付けておられた。

ため息の出るほど素晴らしい風景写真である。

原発に何か事あれば、棚田は荒れ放題になりこの景色は消えてしまう。

今に日本から地方は消えてなくなるのか。「なくなったのは地方でよかった」ということになるようですよ、地方の皆さん!