遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

決してネット検索しないでください

イメージ 1

スタジオジブリ総選挙が行われたそうで、候補作品の中から「千と千尋の神隠し」が1位となり9月10日から16日までの1週間、全国5都市のTOHO系の5劇場で、再上映されるそうです。

千と千尋の神隠し」の他には、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「魔女の宅急便」「もののけ姫」が投票上位5作品(順位は不明)にランクインしていたようです。

総選挙のことは知らなかったのですが、私なら、5位以内に入っていないのが不思議な「となりのトトロ」に投票したと思います。「千と千尋の神隠し」や「風の谷のナウシカ」のランクインに異論はありません。また、5位以内ではない「火垂るの墓」も、とてもいい作品だと思います。同じ総選挙を10年後にすれば、また違った結果になると思います。良い作品は長く支持されると思いますから。

前置きが長くなりましたが、数あるジブリ作品シーンで、「もののけ姫」の「タタリ神」が登場するシーンを私は直視できません。

前もって書きますが、気持ち悪くなるかもしれませんから「トライポフォビア」をネット検索しないでください。画像に耐えられなくなりますので、ご注意ください。
トライポフォビアは、ツブツブとか細かい穴とかの細かい集合体を直視できない人間のことで、私はそれに当たります。死には至りませんが、軽いアレルギーみたいなものでしょうか。

ですから、トライポフォビアの私は「タタリ神」みたいな「ああいう集合体」を見ると、気持ち悪くて鳥肌が立ち頭皮がかゆくなります。ですから「もののけ姫」は、あの怪物が出てくるので、そのイメージがどうしても先行してしまいます。

最近、ツイッターで私のフォローワーがタンチョウヅルの頭の赤い部分のクローズアップ画像をUPしてくれたのですが、グロテスクでトライポフォビアには悪夢のような画像でした。最近では最悪の経験です、時々思い出すのですが頭皮がかゆくなります。これにも、ご注意ください。