遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

過炭酸ナトリウムで洗濯槽の洗浄

イメージ 1

ネットで探し物をしていて偶然出会ったのが「過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤) 」。
Amazonのカスタマーレビューを読んでいたら、洗濯槽洗浄の際の画像まで貼り付けているリアルなものあり。私も使ってみようと購入しました。
この洗浄剤、1kg入り袋が400円ほど。同時に湯あか取りネットも購入しましたが、こちらはは百円ショップでもありそうです。

商品の袋にある説明。

過炭酸ナトリウム100%の酸素系漂白剤です。食器・調理器具・衣類の洗浄や漂白の他、洗濯槽の洗浄とカビ取りにご使用いただけます。
【1】調理器具(食器・まな板・鍋・ザル等)の洗浄・漂白・・・お湯2リットル(40度-50度)に大さじ1杯程度の過炭酸ナトリウムを入れ、しっかりと溶かし、そこに食器・まな板・鍋・ザル等の調理器具を入れ、1晩おいた後に水でよくすすぎます。表面の細かな汚れが取れキレイになります。

【2】洗濯・漂白・しみ抜き・・・洗濯用洗剤と併用する場合は、水40リットルあたり小さじ1杯程度で十分です。過炭酸ナトリウムのみで洗濯する場合は、水15リットルあたり過炭酸ナトリウム大さじ1杯が目安です。※すすぎの回数は1-2回で結構です(ドラム式の場合は2回以上すすいで下さい)また、布製品の漂白やしみ抜きもお試し下さい。1.と同じ液体を作り、1-2時間浸け置きしてから通常の洗濯をして下さい。完璧ではありませんが、かなりの漂白やしみ抜きができるはずです。

【3】洗濯槽の洗浄・・・洗濯槽にお湯(風呂の残り湯でも可。理想は50度位)を高水位まで入れ過炭酸ナトリウムを500g程度入れて3-4分攪拌(洗濯)し、2時間程度おいておきます。その後改めて3-4分攪拌(洗濯)し、浮遊したゴミを丁寧にすくってから排水します。洗濯槽の汚れやカビが取れキレイになります。


ということで、夏にはもってこいの洗濯槽の洗浄を実行しました。

「過酸化ナトリウム」500gを洗濯槽に入れ、風呂の残り湯(湯温は30℃くらい)で洗濯槽を満杯にして、まず5分撹拌。

この時点でカビなどがたくさん浮いてきますのでネットですくい取ります。

そして、そのまま5時間放置。水が行きわたらない水面より上の箇所は、液をつけて軽く拭きます。

最後にまた撹拌とネットでのすくい取りを繰り返します。

これで洗濯槽は見違えるようにピカピカになりました。理想は50℃のお湯での洗浄なのですが、それを用意するのは大変ですので風呂の残り湯や、夏場の水道水などで充分だと思います。洗濯槽からはがれたカビなどが残る可能性がありますので、作業終了時に浮いてきた汚れは念入りにすくい取りましょう。

カスタマーレビューには、そのほかの応用がたくさん書かれていますので、どれも実践してみたいと思います。