遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

七つの子/野口雨情

イメージ 1
 
2005年6月6日に解説したわがブログ、今日で満7歳。おめでとうございます。
記事の内容は相変わらずですが、とにかくよく続きました。ただそれだけです。
 
というわけで「この子の七つのお祝いに」ちなんで、
今日のぼくのうたは、野口雨情の「七つの子」。
 

作詞:野口雨情、作曲:本居長世(もとおりながよ)
 
烏 なぜ啼くの
烏は山に
可愛い七つの
子があるからよ
可愛 可愛と
烏は啼くの
可愛 可愛と
啼くんだよ
山の古巣へ
行つて見て御覧
丸い眼をした
いい子だよ
 
 
雨情の歌はなぜか悲しい。
 
代表作は『十五夜お月さん』『七つの子』『赤い靴』『青い眼の人形』『シャボン玉』
『こがね虫』『あの町この町』『雨降りお月さん』『波浮の港』『船頭小唄』など。
どれも悲しいですね。
 
ことに「七つの子」は哀愁ただよう名曲である。
「7つの子」は、「7匹の子」ではなく、「7歳の子」だと私はいつも思っています。