遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

サン=ラザール駅裏/アンリ・カルティエ=ブレッソン

イメージ 1

フランスの写真家、アンリ・カルティエ=ブレッソン(1908 - 2004)。

彼の代表作が、この1932年の「サン=ラザール駅裏」である。


連続シャッターなど装着されていない当時の簡易なカメラで捉えた、

アートな一瞬である。


モノクロームで奥行きのある空間と、鏡のような水盤へ躍動感のあるジャンプ。


演出であろうが、偶然に撮れた写真であろうが、

こういうバランス(絶妙なアンバランスとも言えるかな)の写真はものにできない。


シャッターは指で切らない、感性でシャッターを切るばかり、なのである。