遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

今週 書評で取り上げられた本(2/22~2/28 週刊10誌&朝日新聞)

f:id:toship-asobi:20210228000921j:plain

毎週日曜日は、この一週間に書評に取り上げられた本を紹介しています。「今が旬のAクラスに属する逸品」といえるおすすめ品です。書評の内容については各誌をご覧ください。

通勤時や外出時に、自宅にスマホを忘れても悔やみませんが、読みかけの本(いつも最低1冊は存在する)を忘れてきたら、すごく後悔します。(定期券ほどではないですけど。)窓外の景色を楽しめるタイプなのですが、電車内で読書する行為自体が好きですし、移動時間の単調さを紛らわすツールとしても読みかけの本は必須アイテムです。とりわけ、持ち運ぶのにコンパクトで吊革につかまって片手で読める文庫や新書はなくてはならない相棒のような存在でした。
いまどき電車内で本を読んでいる私のような人間は、ほぼ絶滅危惧種だと思います。楽しいことこの上ないのになあ。

今週の書評本媒体→週刊10誌・朝日新聞
【表示順→タイトル・著者・出版社・価格(朝日新聞週刊新潮は税込み)】

朝日新聞:2月27日
渋沢栄一自伝 雨夜譚・青淵回顧録(抄) 渋沢栄一 角川ソフィア文庫 1,100
渋沢栄一 社会起業家の先駆者 島田昌和 岩波新書 924
渋沢栄一を知る事典 渋沢栄一記念財団編 東京堂出版 3,080
ふくしま原発作業員日誌 イチエフの真実、9年間の記録 片山夏子 朝日新聞出版 1,870
世界を動かす変革の力 ブラック・ライブス・マター共同代表からのメッセージ アリシア・ガーザ 明石書店 2,420
歌と映像で読み解く ブラック・ライヴス・マター 藤田正 シンコーミュージック・エンターテイメント 2,200
太平天国 皇帝なき中国の挫折 菊池秀明 岩波新書 946
ベネズエラ 溶解する民主主義、破綻する経済 坂口安紀 中公選書 1,870
メカニクス」の科学論 佐藤文隆 青土社 2,200
アーミッシュの老いと終焉 堤純子 未知谷 2,970
調子悪くてあたりまえ 近田春夫自伝 近田春夫 リトルモア 3,080
朝鮮戦争を戦った日本人 藤原和樹 NHK出版 2,090
戦後教科書運動史 俵義文 平凡社新書 1,760
日本人の原風景 風土と信心とたつきの道 神崎宣武 講談社学術文庫 1,265
泣きたくなるような青空 吉田修一 集英社文庫 572
ニムロッド 上田岳弘 講談社文庫 660
翻訳教室 はじめの一歩 鴻巣友季子 ちくま文庫 880

週刊現代:2/27・3/6号
おれたちの歌をうたえ 呉勝浩 文藝春秋 2,000
堕ちたバンカー 國重惇史の告白 児玉博 小学館 1,800
もろびとの空 三木城合戦記 天野純集英社 1,800
城郭考古学の冒険 千田嘉博 幻冬舎新書 940
土葬の村 高橋繁行 講談社現代新書 1,000
危険な男 ロバート・クレイス 創元推理文庫 1,360
社会契約論 ルソー 岩波文庫 780
日本語を作った男 上田万年とその時代 山口謠司 集英社インターナショナル 2,300
日本速記事始 田鎖綱紀の生涯 福岡隆 岩波新書 (古書)
密使 グレアム・グリーン 早川書房 1,942

週刊新潮:3/4号
回想 イトマン事件 闇に挑んだ工作 30年目の真実 大塚将司 岩波書店 2,420
屋根の上のおばあちゃん 藤田芳康 河出書房新社 1,760
血湧き肉躍る仁侠映画 永田哲朗 図書刊行会 5,280
中銀カプセルスタイル 20人の物語で見る誰も知らないカプセルタワー 中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト編 草思社 2,640
会いたくて会いたくて 室井滋長谷川義史・絵 小学館 1,200
足りないくらし 深沢潮 徳間文庫 770
難民高校生 仁藤夢乃 ちくま文庫 858
助けてと言えない NHKクローズアップ現代取材班 文春文庫 630
最後の人声天語 坪内祐三 文春新書 1,045
ブラジルから来た少年 アイラ・レヴィン ハヤカワ文庫 (古書)
鳥取雛送り殺人事件 内田康夫 中公文庫 748
人生脚本 伴一彦 光文社 1,760
古井由吉エッセイ撰 私のエッセイズム 堀江敏幸・監修 河出書房新社 3,850
家は生態系 あなたは20万種の生き物と暮らしている ロブ・ダン 白揚社 2,970
現代中国の秘密結社 マフィア、政党、カルトの興亡史 安田峰俊 中公新書ラクレ 1,012

女性自身:3/9号
十年後の恋 辻仁成 集英社 1,700
自転車に乗って 角田光代柴田元幸ほか 河出書房新社 1,700
スマホ アンデシュ・ハンセン 新潮新書 980
コロナ対策 各国リーダーたちの通信簿 栗田路子ほか 光文社新書 1,040
フェミニズムはみんなのもの 情熱の政治学 ベル・フックス エトセトラブックス 1,800

女性セブン:(今週は書評なし)

週刊文春:2/25号
ひび割れた日常 人類学・文学・美学から考える 奥野克己、吉村萬壱伊藤亜紗 亜紀書房 1,600
デス・ゾーン 栗城史多のエベレスト劇場 河野啓 集英社 1,600
二人がいた食卓 遠藤彩見 講談社 1,500
鬼哭の銃弾 深町秋生 双葉社 1,600
おれたちの歌をうたえ 呉勝浩 文藝春秋 2,000
はじめての「よのなかルールブック」 おやくそくえほん 高濱正伸 日本図書センター 1,300
わたしたちが沈黙させられるいくつかの問い レベッカ・ソルニット 左右社 2,200
闇の自己啓発 江永泉、木澤佐登志、ひでシス、役所暁 早川書房 1,900
英語独習法 今井むつみ 岩波新書 880
だいちょうことばめぐり 朝吹真理子 河出書房新社 1,800
アパレルの終焉と再生島健 朝日新書 790
2040年の未来予測 成毛眞 日経BP 1,700
60分でわかる! IoTビジネス最前線 IoTビジネス研究会 技術評論社 1,100
方法序説 デカルト 岩波文庫 520

サンデー毎日:3/7号
ははのれんあい 窪美澄 KADOKAWA 1,700
炎上案件 明治/大正 ドロドロ文豪史 山口謠司 集英社インターナショナル 1,600
天下一のへりくつ者 佐々木功 光文社 1,800
医療の外れで 看護師のわたしが考えたマイノリティと差別のこと 木村映里 晶文社 1,600
高瀬庄左衛門御留書 砂原浩太朗 講談社 1,700
最後の人声天語 坪内祐三 文春新書 950
横丁の戦後史 東京五輪で消えゆく路地裏の記憶 フリート横田 中央公論新社 1,500
愛しの灯台100 不動まゆう 書肆侃侃房 1,900
石ノ森章太郎コレクション 初期少女マンガ傑作選 石ノ森章太郎 ちくま文庫 800
大阪 お母さん 浪花千栄子の生涯 葉山由希 潮文庫 730
雪月花のことば辞典 宇田川眞人 角川ソフィア文庫 1,600

週刊朝日:3/5号
浪花節で生きてみる! 玉川奈々福 さくら舎 1,600
ルポ トラックドライバー 刈屋大輔 朝日新書 790
オードリー・タン 自由への手紙 オードリー・タン 講談社 1,400
サラリーマン生態100年史 ニッポンの社長、社員、職場 パオロ・マッツァリーノ 角川新書 900
言葉が思いつかない人のための 「語彙トレ55」 近藤勝重 大和出版 1,400
菅義偉の正体 森功 小学館新書 1,000

週刊ポスト:3/12号
テスカトリポカ 佐藤究 KADOKAWA 2,100
起業の天才 江副浩正 8兆円企業リクルートをつくった男 大西康之 東洋経済新報社 2,000
スマホ アンデシュ・ハンセン 新潮新書 980
おれたちの歌をうたえ 呉勝浩 文藝春秋 2,000
終わりの歌が聴こえる 本城雅人 幻冬舎 1,900
絶版新書交響楽 新書で世界の名作を読む 近藤健児 青弓社 1,600
完全犯罪の死角 刑事花房京子 香納諒一 光文社文庫 680
駒音高く 佐川光晴 実業之日本社文庫 700
問いの立て方 宮野公樹 ちくま新書 780
ドラッグストア拡大史 日野眞克 イースト新書 860

週刊エコノミスト:3/2号
子育ての経済学 愛情・お金・育児スタイル マティアス・ドゥプケ、ファブリツィオ・ジリボッティ 慶應義塾大学出版会 2,400
なぜ「よそ者」とつながることが最強なのか 戸堂康之 プレジデント社 1,700
リープフロッグ 逆転勝ちの経済学 野口悠紀雄 文春新書 900
デジタルエコノミーの罠 マシュー・ハインドマン NTT出版 2,600
なぜニセコだけが世界リゾートになったのか 高橋克英 講談社α新書 900
にほんでいきる 毎日新聞取材班編 明石書店 1,600

週刊東洋経済:2/27号
パンデミック倫理学 緊急時対応の倫理原則と新型コロナウィルス感染症 広瀬巌 勁草書房 1,800
ファシズムへの偏流 ジャック・ドリオとフランス人民党(上・下) 竹岡敬温 国書刊行会 3,400・3,200
アート思考のものづくり 延岡健太郎 日本経済新聞出版 1,700
101歳現役医師の死なない生活 田中旨夫 幻冬舎 1,300
メンター・チェーン ノーベル賞科学者の師弟の絆 ロバート・カニーゲル 工作舎 2,800
地域衰退 宮﨑雅人 岩波新書 800
人間にとって教養とはなにか 橋爪大三郎 SB新書 900
女性差別はどう作られてきたか 中村敏子 集英社新書 780