遊びをせんとや生まれけむ

あらゆる芸術の士は人の世を長閑(のどか)にし、人の心を豊かにするが故に尊とい。夏目漱石

学者たちはくじけない!#日本学術会議への人事介入に抗議する

                 f:id:toship-asobi:20201002230434g:plain

 

このほど日本学術会議の会員に推薦されていた105人のうち、以下の6人の方が菅政権によって推薦から外されました。(任期6年の会員210名のうち半数が3年ごとに改選)
・小澤隆一(安保法案を批判)
松宮孝明(テロ等準備罪を批判)
・岡田正則(『辺野古訴訟と法治主義』著者)
加藤陽子(安保法案に反対)
・芦名定道(安保法案に反対)
宇野重規(特定秘密保護法案に反対)

ツイッターでは
#日本学術会議への人事介入に抗議する
がトレンドになっていて、27万件を超えるツイッターデモが行われています。私も参加しました。

ということで、「学術会議推薦者外し問題 野党合同ヒアリング」が立ち上がり第1回会合が行われました。
内閣府と法制局の担当者のしどろもどろ答弁をYouTubeでご覧ください。彼らも「上」がゴミクズだから可哀そうなことこの上ない。

 

www.youtube.com


人は心の中まで統制されることなく、憲法に保障された言論の自由・学問の自由があります。

6人の方が過去に批判や反対をしたことに、何の問題もありません。専門家としての立場と知見で考えを述べることこそ学問を司る人間の使命です。ゴミクズ政権に忖度するようなヒラメ学者ばかりでどのような教育ができるというのでしょう。今回の「事件」は、民主主義国家の自殺行為だと言えましょう。

それにしても、独立組織の人事介入などをすれば大騒ぎになることはいくらなんでも予想できたはずで、しかも学術会議に手を入れたとして何か政権として大きな効果があると思っているのでしょうか。心ある正義の学者たちが震えあがるとでも思っているのでしょうか。ゴミクズ政権の揺さぶり程度で、彼ら6人を含めた学者たちの心が打ち砕かれることはありません。だからこそ、彼らの過去の発言があるのです

菅政権・官邸はバカじゃなかったとしたら(バカですけど)かなりの悪党集団ですから、早いとこお払い箱にしたいものです。